ブログ
 
盛装する日の想い
2009年12月29日

料亭ウェディングされるクマちゃん&弘衣ちゃんのヘアメイク打合せです。
と、言ってもクマちゃんは写真係です。

IMG_9997.JPG

弘衣ちゃん、大きな瞳にあご先も可愛い美人さんなので、すべて画になります。
ヘアの打合せしながら美装さんも一緒におしゃべりに花咲きます。
「どんなロケーションでお写真撮りたいですか?」から、おしゃれの話まで。
クマちゃんはニコニコ笑って聞いてくれています。

IMG_9977.JPG

椿の花がお好きな弘衣ちゃんなのでオリジナルで椿モチーフの水引かんざしを
デザインしました。
サンゴのかんざしとコラボしてみました。

IMG_9986.JPG

ウェディングプランナーのリクエストで、かんざしをパールにかえてもらいました。
こっちのほうが鮮やかさが際立ちます、綺麗です。
お衣裳の写真見ながら「きっと素敵」と楽しく盛り上がります。

 

そうそう、嬉しいコト言われたのです。
弘衣ちゃんが「『今日はどんな服着てるのかな』って思って
いつも会うのすごく楽しみなんですよ」って。
きゃー!嬉しいです。
おしゃれで人形さんみたいにスタイルいい弘衣ちゃんにそんな風に思っていただけたなんて^^。

 

小学校の時、制服だったのですが、学期ごとの始業式や終業式は
必ず母が仕立てたおNEWの洋服を着せてもらいました。
それは、こましゃくれない程度に流行を取り入れたワンピースだったりでした。
さすが、入学式と卒業式は制服でしたが、
節目節目の時、お盆の両親の実家へのお里帰りや何か会がある時も
子供なりにおしゃれをさせてくれました。
母が「今日は特別な日」と自覚を持たせたかったのでしょうか。

 

ここだけの話ですが、姉妹でお揃いや色違いの服を着せられるのですが
愛らしい服はまったく似合わなくて
引きかえ、目鼻立ちチマチマ整っていた姉は何着ても「可愛い~」と絶賛され
親戚の集まりは、まずは毎回その洗礼受けなければならずでチト辛かったです。
それでも少しは優しいおばちゃんなんかが、気をつかって
「似おとるがいねー」などと言ってくれるのですが
これ、よけいに凹みました。

 


今、金澤syugenの和婚式は、盛大な披露宴ではなく
ご親族だけのアットホームな食事会を希望される方が多くなりました。
そして、花嫁衣装を召されお写真はキチンと残されます。
お嫁さんだけが纏う式服は特別な意味のあるものですよね。
時代がかわっても花嫁衣装纏う感動はきっと変らないことと思います。 
正装(盛装)する日の特別な想い、大切にしたいですね。

投稿者 kanazawa-syugen : 2009年12月29日 12:35

« 加賀料理 | メイン | 協和音 »



コメント

今日はここに(^-^)

椿のカンザシとっても愛らしくてお似合いです。
花嫁衣装楽しみですね!
花嫁衣装を着る日ってとても大切です。羽織った瞬間、
家族の思いや夫婦の気持ちも羽織るようで、
一生忘れないです。
感謝とちょっとした不安と…なんとも言えないような…(^-^)

これから結婚される花嫁様には
心から素敵な瞬間を体験して、
ずっと宝物にしてほしいです☆

投稿者 一年前にお世話になった聡子 : 2009年12月29日 16:27