ブログ
 
テーブルコーディネート
2008年07月24日

5年前、オリジナルウェディングのプロデュースをさせていただいたNさんからメールをいただきました。

ブログも拝見させていただきました。
がんばっておられる様子が伝わってきました。
洋好みかと思っていましたが、そうではないのですな。

お2人は教会で挙式後、レストランで披露宴をされました。
私の中では、Nさんは歴代の新郎様の中で一番積極的でサプライズ好きでしたね。
いたずらっ子が、そのまま大人になったNさんと
母性愛の優しい奥様Cさんはお似合いのお2人です。
Nさんは、お茶目で人を喜ばす事が大好きで
CさんはそんなNさんをたおやかな笑みでいつも見守っている感じです。

Nさん家は、音楽一家。
お2人のウェディングパーティは、妹さんの演奏される美しいピアノ曲で彩られていました。
そして、Nさんもご両親へ感謝の想いを、自らチェロを演奏され思い出の曲に託して贈られました。
Nさんのお母様が、お開き後笑いながら
「お母さん、感動して『泣こうかな』って思ったら、音はずすし泣けなかった」と。
確かに、Nさんのチェロはよく音はずれてましたね^^;。
けど、温かい想いは充分にお客様にも伝わって皆さん感動されていました。

お2人の結婚式の素敵な思い出たくさんあります。
テーブルコーディネートにもこだわったお2人でした。
会場に入ると、私の名前の「席札」もあって、とても嬉しかったのを覚えています。
今も大事にしています。
「席札」は大切なお守りとして、金澤syugenの私のデスクの引き出しに入れています。
時々、あの日の感動がよみがえり私を勇気づけてくれます。

席札や席次表は少し手を加えるだけでお2人らしさが表現できます。
手づくり感のあるお品は温かく、お客様も思い出としてお持ち帰りになられます。
金澤syugenは、和modernのアイテムの提案もしていますから
ブライダルプランナーにご相談くださいませ。


さて、2年前の事。
Nさんご一家から「王子誕生」のご報告をいただき、早速抱っこさせていただきました。
赤ちゃんのいいにおいがする天使でした~♪
天使の近況もお知らせくださいました。

こちらの方はそれほど大した変化もなく、
天使殿が第一次反抗期に差し掛かり手を焼いております。

Nさんに似だったら、可愛いきかん坊でしょうね。
男の子だから元気に腕白もしなきゃね^^。

投稿者 kanazawa-syugen : 22:29

花火大会と浴衣と和モダン
2008年07月17日

金沢でもあちこちで花火大会のある季節ですね。
最近はデザイナーズブランドの浴衣なども出ていて着こなしも自由です。

ワタクシゴトです。
帯は、おしゃれ結びをDVDで勉強し蝶をふたつ作り(不器用ですがやれば出来る子です)
パープルとブルーのシルクオーガンジー2本をネジネジして帯上げ風にアクセントにして
ビーズのきらきらアクセサリーをつけて、レ-スの足袋をはいてみました。
浴衣と帯の購入以外は、家に「あるもの使い」でアレンジしましたが
「涼しげ~♪」と、けっこう好評でした。

U.bmp

オリジナルウェディングってお金がかかりそうだったり
面倒そうという印象きっとあると思います。
けど、結婚式も「あるもの使い」でできる事がけっこうあるのです。
この「あるもの」には知識や技術も含まれていますので
「結婚式にしたい事がわからない」と言う方も是非ご相談ください。
金澤syugenブライダルプランナーが、お2人の個性を引き出し
人前式や披露宴のストーリーを創りますので
「不器用だから」なんて決して倦厭なさらないでくださいね。


和モダンは流儀やしきたりにはとらわれません。
現代にあったカタチで日本の美しさを表現するウェディングパーティにしましょう。

投稿者 kanazawa-syugen : 14:05

おかえり
2008年07月11日

音の効果って大きいですよね。
金澤syugenでは人前式や披露宴の演出を引き立てる曲を
音響制作ディレクターが進行にあわせてCDにします。
打合せでは、お二人に「どんな曲がお好きですか」とシーンごとにご希望をうかがい
アドバイスもさせていただきます。


金澤syugenでオリジナルウェディングをされるMちゃんが
「絢香の『ありがとう』がいい」とおっしゃいました。
「絢香の?『ありがとう』?」
「今、一番新しい曲」
「『おかえり』より新しい曲?」
「あ゛!『おかえり』ですぅ!」
確かに絢香さんの「おかえり」は、感謝の想いが綴られた曲ですよね。
私も大好きな曲です。

231.jpg

「おかえり」
この曲の中にはいろんな“おかえり”がありますね。
愛しい“おかえり”
切ない“おかえり”
優しい“おかえり”
勇気をもらった“おかえり”
ホッとした想いの“おかえり”

こんな風に結婚式で“ありがとう”を伝えられたらいいですね。
元気な“ありがとう”
愛してくれて“ありがとう”
喜びの“ありがとう”
これからもよろしくの“ありがとう”
出逢えて“ありがとう”

結婚の日は、お二人を見守ってくださる皆さんに感謝の想いを伝える日。
お世話になった方やお仕事仲間の方
お友達やご親戚の方、そしてご家族に
きっと、沢山の“ありがとう”が溢れることでしょうね。

素直な“ありがとう”のメッセージは、心に響きます。
伝えたい“ありがとう”の想いを曲が彩り
さらに素晴らしい感動を生みます。

金澤syugenでは結婚式のCDを
記念にプレゼントさせていただいております。
どんな仲良しにも、きっと訪れる“夫婦喧嘩”。
そんな時は、さりげなくCDを流してくださいな。
「ごめんなさい」言えない時でも
♪おかえり sweet home 帰る場所 愛をありがとう♪
結婚式の感動、そして感謝の想いがよみがえって
すぐに仲直りできそうですよね^^。

投稿者 kanazawa-syugen : 21:22

KIMONO姫の金澤お嫁入り
2008年07月08日

町屋ウェディングの打合せで
東山十月亭さんにうかがいました。
いいですね、金沢の古い街並みは
ちょうど、車を引くお豆腐屋さんとすれ違いました。
「チリンチリン」という音色は涼しげで懐かしくとても風情があります。
暑い日のお昼は、冷奴が美味しいでしょうね。

IMG_0784.JPG

木と畳のぬくもりある十月亭さんでお昼をいただきました。
おしゃれで美しくて食べるのがもったいないような
でも、やっぱり「いただきま~す」
金沢の新鮮な食材を使ったお料理はとても上品で
優雅なお気持ちに~♪
夏の光が射す、手入れの行き届いたお庭を愛でながら
『ああ、神様からのご褒美ってこういうコトなんだわ』と
美味しいお食事に幸せいっぱい~~~☆“
町屋は、やっぱり和みますね。

かごの蓋を開けたDさんとSちゃんの手元が、
「花笠音頭」の笠を持つ感じで可愛くて笑っちゃいました。
何をされても画になっちゃうお二人です。

お二人の人前式、Sちゃんは大振袖の上に白無垢を羽織られる
昭和初期のスタイルを再現されます。
そして、黒の大振袖を纏われ花嫁行列にて
披露宴会場となる十月亭に入場されます。

愛らしいKIMONO姫の金澤お嫁入りを
金澤syugenがプランニンングさせていただきます。

投稿者 kanazawa-syugen : 09:18

仲良し家族
2008年07月03日

Mちゃんのご婚礼の衣装合わせにお母様もお越し下さいました。
お嬢様のお振袖姿を幸せそうなまなざしで見つめるお母様のお顔が
とても優しくてお写真を撮らせていただきました。
「姉妹みたいな母子」ってよく聞くけれど
お二人は「一番お気に入りのお友達同士」って感じなんです。
手繋いでお話ししているんですよ^^。
本当に仲良しさんです。
お母様は、美しく成長された愛娘様の晴れ着姿に感動のご様子でした。

IMG_1453.jpg

この日の夜は、金沢片町にある日本料理「銭屋」さんにお出かけになられました。
「上品なお味で目にも楽しくて、お母さんも大喜びでした」ってMちゃんから報告いただきましたよ^^。
「女将さんから『お茶漬けにかけてください』ってお土産までいただいて
『あ、すいません』ってもらってきたんですよ」って身振り手降りで話す
Mちゃんの小芝居が可愛くって私はゲラゲラ笑っちゃいました。
Mちゃんのお母様はかなりのミッシェランさんなのだそう。
ミッシェランさんの評価は「銭屋 星5つ~♪」だそうです!
Mちゃん曰く
「銭屋、☆5つどころか、飛び出してますよ(≧ω≦)b
女将さんと中居さんの気配りがまたいいし、十月亭の方も綺麗で気配り凄い!
見習わねば(∋_∈)。」ですって^^。

銭屋さんHPは↓です。ご婚礼のお料理もあります。
http://www.zeniya.ne.jp/

さて、お母様に幼い頃のMちゃんのお話うかがうと
「あの子は、上が男の子でしょ。
お人形遊びなんかしたことない。
鉄砲が好きで刀振り回して。
たまに、あの子にお人形もたせても
お人形の足持って振り回してました」
なーんか想像できて笑っちゃいました!
お母様の朗らかな声質とイントネーションがよみがえります。
「あの子は、お父さんにすごく可愛がられてて
どこかで待ち合わせては、二人で買い物行って
『買ってもらってん』って言って
服とか靴とかいっぱい持って帰ってくるんですよ。
いつの間に、そんな約束したんかなって思って、びっくりするんですよ」。
今時の子には珍しく、一度も外泊経験がないって言うMちゃん
お母様は「あの子の、父親が厳しかったから。
お父さんはあの子の帰りが遅くなったら遠くても迎えに行ってました。
言うだけじゃなく、自分もやる事はきちんとやっていましたから」。
うーん、いいお話です。
で、「結婚式では、お父さんもう泣きくずれるんじゃないかと思います」ってニコニコ。
父親が娘を可愛がる、大切に思う気持ちってわかる気がします。
可愛い恋人だったんですものね。

ご披露宴では、お父様の「長持ち歌」で花嫁様が会場に入られます。
感動的な開宴になりそうです。
Mちゃん、素敵なウェディングパーティにしましょうね。
お父様用のティッシュとハンカチを金澤syugenでも用意しておきます^^!

投稿者 kanazawa-syugen : 08:34

« 2008年06月 | メイン | 2008年08月 »